Profile
リンクページ
NPO法人「東京カウンセル」
無実の死刑囚・袴田巌さんを救う会
上育堂(うえいくどう)
障害者こそ、起業せよ!
NPO「女性・人権支援センターステップ」
【DV加害者更正プログラム】
遠野なぎこさん「リストカット」
上記日記に対する私の考え方
親の見えない拘束から逃れられない人へ(藤嶋ひじりさん)
マンガで分かる心療内科・精神科in渋谷 第67回「ネットストーカーを防ぐ、たった一つの方法」
アビリティスタッフィング精神障害者の就職支援
レイプや性的虐待を受けた少女たちのPTSD克服に長期曝露療法が有効と判明:米研究


Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
お勧め
ムームードメイン
ムームードメイン
ムームードメイン
ムームードメイン
 


【送料・手数料無料】まずは気軽に1000円でお試し!【黄酸汁 豊潤サジートライアル】

◇酵母◇★★おまけ2倍デー/個数制限なし★★1箱6本+1本おまけ♪(今回使える200円クーポン発行中) メール便限定【ばんのう酵母くん送料無料】万能酵母アーデンモア

ダイエットにおススメ!低カロリーバランス栄養食セット【お試しセットも販売中】

アメリカのサプリメント専門誌にて、1500を超えるサプリメントの頂点にたった
マルチビタミン「ダグラスラボラトリーズ UP X」

☆★楽天カード新規入会キャンペーン★☆
「年会費無料!新規入会でもれなく楽天スーパーポイントがもらえる」

世界が認めた複合漢方「天仙液」!

ninja
New Entries
Archives
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
目では見えないもの(2015年1月14日に公開した日記の10度目の掲載)
0

    私は前にも書いたように、自分の心が喜ばない言動は慎むようにしています。心が喜ばない言葉を発したり行動をとったりすることは、自分の心を鞭打っていることと同じです。

    自分の心が喜んでいない言葉や行動をとると、「私は本当は嫌なんだけど、お前のためにこれをしてやっている」という上から目線が出てきますし、「これだけしてやっているのだから、感謝しなさいよ!」とか「これだけしてやっているのに、感謝が足りないわよ」という怒りや不満が、必ずその人の言葉や態度に表れます。

    それは当然相手にも伝わりますから、余計に感謝の対象からはずされ、相手の都合の良いように利用されるようになりますね。その原因を相手の人格に求める人は成長しません。

    NPO法人「東京カウンセル」を通して私がお受けするクライアントさんの多くは心が張り詰めた状況でご相談をしてこられますが、心に風穴が開いて楽になると、そのままになるケースがほとんどです。私はそれを良しとします。

    なぜならば、私が求めているのは「クライアントさんの心が楽になること」であって、「あなたのおかげで楽になったわ。ありがとう」という言葉ではないからです。

    目で見える部分だけを整えていると、もっとも大切なものが失われます。この世には目で見えるものよりは見えないものの方がはるかに多く、見えないもののほうがはるかに大切であることに気づきましょう。



    (注) 私自身の体調不良で、カウンセリングについては2015年3月下旬よりお休みしています。


     

    posted by: yukiec | - | 00:43 | - | - |
    相手から必要とされる人間になるために。(2014年9月30日に公開した日記の12度目の掲載)
    0
      人と関わる際に、相手から必要とされる人間になるためには二つの要素が必須になると思います。

      1.相手の役に立つこと。
      2.相手の邪魔にならないこと。

      相手の役に立つためには、相手がどういう人かを理解し相手のニーズを知らねばなりません。相手が必要としていないものを与えたところで、相手にとっては迷惑でしかないのです。

      「自分はこれだけがんばっているのに分かってくれない」と不満を抱いていたとしても、最初から「方向が間違っていた」としたら、それは自分勝手な「押し付け」でしかなく、相手にとっては迷惑でしかありません。

      自分を歓迎してくれない理由を相手に求めるのではなく、自分自身に問題はないかと反省する謙虚さと、相手の「言葉にならない」心の声を感じ取る「敏感さ」や「繊細さ」が心地よい人間関係には必要不可欠ですね。

      あなたの言葉や行動は相手のためですか? それとも、自分を「構ってほしい」という「見返りを求める心」が隠れていますか? 後者であるなら、その言葉や行動は精神的に自立している相手にとってはただのゴミでしかなく、相手の都合に合わせて利用されることはあっても、必要とされることはないでしょう。



       
      posted by: yukiec | - | 00:53 | - | - |
      どちらがいい?(2015年8月27日に公開した日記の11度目の掲載)
      0

        7月25日に公開した「友達?」という日記に下のように書きました。


        A:「私に何かあったら、絶対絶対助けに来てよ!」

        B:「当たり前じゃん。友達なんだもん」

        A:「あー、よかった。安心したわ」

        B:「私が大変なときも助けにきてくれる?」

        A:「えっ? 何ふざけてるの? 冗談きつい。そんなの自己責任よ、自己責任! 私に被害
          が出たらどうしてくれるのよ!」

        B:「・・・・・」



        さて、AさんとBさん、友達になるならどちらがいいですか? 私なら当然Bさんのほうです。Aさんのようなタイプの人は、暇つぶしや時間つぶしのために他者から「利用される」ことはあっても、「友達」として必要とされることはないと思います。

        では、あなた自身は友達に対して、Bさんのような存在となっていますか? 相手に対してそれを求めるよりも、まず、自分から与える側であれたらいいですね。

         

         


         

        posted by: yukiec | - | 00:47 | - | - |
        理想と現実(2015年6月9日に公開した日記の8度目の掲載)
        0

          すべての物事は表裏一体であり、光があれば影があることを4月21日の日記で書きました。我々一人ひとりの人間にもみな光と影があります。その影があるからこそ人間であると言えると同時に、その影があるからこそ、この世に人間という生き物が存在する限り、争いや戦いはなくなることがありません。

          日本には米軍が駐留していますから、周辺諸国が日本を攻撃すると、彼らはアメリカを敵に回すことになります。そのことが日本攻撃を抑止する力となっているため、米軍が完全撤退してしまうと、日本は「攻撃しやすい」弱い立場となります。

          アメリカは中国に睨みを利かせるために特に沖縄に多くの軍を置いていると思いますが、これから先、何年、何十年という年月が経った時、アメリカにとって日本よりも中国の方が国益にかなう日が来れば、もう沖縄に軍隊を置く必要性がなくなるのではないでしょうか。

          同様に、北朝鮮やロシアが脅威ではなくなれば、アメリカは日本からは完全撤退する可能性もあるかもしれません。そうすれば、いよいよ、日本は自分たちだけで国を守らなくてはならなくなります。若者に兵役が課されるのは当たり前となり、若者の数が減っていけば、中年や高齢者までもが駆り出される日が来るでしょう。

          多分、日本はアメリカとの友好関係を保って、できるだけ長く日本を守ってもらいながら、中国や韓国ともしっかりとした歴史認識をした上で、新たに友好関係を構築していくのが良いのではないかと私は思います。

          日本語はかつて文字を持たない言語だったそうですが、4世紀?に朝鮮半島を経て中国の漢字が日本に伝わってきて、その漢字を元にひらがなやカタカナができたといいます。もし、その時、中国の漢字が伝わってきていなければ、今の日本はなかったかもしれません。

          その点で日本は中国に恩があると言えますね。その恩については時代が変わっても状況が変わっても忘れないほうが良いと思います。

          韓国の俳優ペ・ヨンジュンさんが日本のファンのことを「日本の家族」と呼んでいましたが、私はその考え方が好きです。どこの国の人であっても相手が自分の家族であると思えば、普通は大切にするものですよね。

          日本に駐留している米軍の兵士たちにも本国に彼らを大切に思う家族がいます。その家族は、彼らの身を案じながら、涙ながらに日本に送り出していることと思います。我々がもし彼らを送り出す親の側であったなら、どのように感じるでしょうか?

          日本も韓国も中国もアメリカも、ほかのどのような国であっても、それなりの良い点と問題点があり、広い意味で考えれば、他国(他者)を批判できる国(人)は存在し得ないのではないかと思います。

          それでも、これから先いつどこで何が起こるか分からないのが現実であり、どのような人間が生まれてきて世界を脅かす独裁者となるかも予測がつかないものです。国の領土が広がれば、支配できる人間の数が増えて税収が増すことになります。その領土にお金になる資源などが豊富であればなおありがたいことでしょう。

          すべての人間の中に「我欲」が存在し、挫折など何らかの原因でバランスが崩れ、「影」の方向に大きく偏ってしまう人が出てくることがあるのが現実なのです。突発的にでも攻撃を受けたら、瞬時に反撃して自国を守る軍事力は「平和」を守るためにこそ必要であると私は思います。

          世界中の人々がみんな笑顔で仲良くできるのは理想ではありますが、現実は現実として直視して、準備だけは整えた上で、できる限り軍事衝突には発展しないように気をつけていくしかないのではないでしょうか。


           

          posted by: yukiec | - | 02:15 | - | - |
          自分にプライドを持って生きていきましょう。(2014年8月5日に公開した日記の5度目の掲載)
          0

            「自分は無価値な人間である」という思い込みに囚われている人は、自分の「真の気持ち」を押し殺して、「周囲が喜ぶ」自分を演じてしまうことがあります。そういう生き方を長年続けていると、感覚が麻痺してしまい、自分の「心」が本当は「どのように感じているのか」が分からなくなります。

            自分の「気持ち」が見えないので、自分の行動に対して、他者がどのように感じているのかも見えなくなります。それは対人関係において大きな問題となり得ますね。

            自分は本当は「どうしたいのか」という心の奥底に眠る「真の気持ち」に耳を傾けてください。そして、人に嫌われることや人を怒らせることを恐れず、「嫌なものは嫌なんだ!」という意思表示をしましょう。それは、自分自身の心身の健康を守ってくれます。

            自分が持たないものの数ではなく、自分が持つものの数を数えて、それがいかに恵まれていることかに気づいてください。自分がどのような負の何かを持っていても、プラスの何かを持っていなくても、自分が自分であることにプライドを持って生きていきましょう。



             

            posted by: yukiec | - | 00:26 | - | - |